「顔イボを綺麗に取り除く」と聞くと、病院で痛い治療をお金をかけてするというイメージがありますが、 最近ではイボ対策できるスキンケア化粧品を顔イボ・首イボなどの改善に役立てている方も増えています。

ネット通販で手軽に安く購入でき、顔イボ対策をしながらスキンケアもできるのが人気の秘訣です。 「使い始めて1週間ほどで、目の下にあった小さな角質が目立たなくなっていた。」という声もあるように、お手軽に角質ケアもすることができます。

以下に、顔イボ除去するための人気の化粧品を厳選していますので、参考にどうぞ。

たっぷり大容量で顔や全身に使える♪

お客様満足度97%のイボ対策用のオールインワン化粧品。お手軽なのに角質ケアまでできてしまいます。

洗顔後に顔全体をやさしくマッサージするようになじませるだけです。顔や目元の角質ケアだけでなく、首・胸のポツポツ対策に利用している方も多いようです。

顔や首の小さなポツポツにたっぷり塗っていたら、1週間ほどでさっぱりと無くなっていた・・・など嬉しい声が多数寄せられている人気の化粧品です。

 

 


杏(あんず)・ハトムギ種子エキス・ナス果実エキス配合で、お肌にやさしいのにしっかりとポツポツケアをしてくれます。

肌の表面にある不要な角質を除去してくれて、ぴちぴちの肌へと導いてくれます。顔イボ対策としてだけでなく、毛穴やくすみがきれいに目立たなくなったことを実感される方もいらっしゃるようです。

古くなった角質やヨゴレを取り除くことにより、お肌のトラブルを事前に予防してくれる効果も期待できます。

 

 


顔イボができる原因・治し方の解説




顔にイボが出来てしまう、1つの原因として挙げられるのが「肌の老化」です。 年齢を重ねるごとに、大きいイボが出来るようになったという場合、老人性疣贅という顔イボの恐れがあります。 疣贅とはイボの事で、老人性疣贅は正に高齢者に多いイボという事で、このように言われています。 ただ、老人性疣贅だからといって、高齢者だけに出来る訳ではありません。 早くと30代から出来るケースもあり、この場合は脂漏性角化症とも言われます。

老人性疣贅を予防するには、長年の紫外線対策は欠かせません。 紫外線を浴び続けてしまうと、肌のターンオーバーという機能が低下します。 すると、古い角質が溜まり顔イボとなってしまうのです。 老人性疣贅がシミのように黒いイボなのも、紫外線を浴びてメラニン色素が沈着しているからです。 紫外線対策の他に、スキンケア不足も発症に繋がります。 肌が乾燥していると紫外線のダメージも受けやすくなり、またターンオーバーも衰えてしまう事から顔イボは出来やすくなります。

この他に喫煙やバランスの悪い食生活といった、肌へのダメージになるような生活習慣も老人性疣贅を発症させる要因です。 老化や肌のダメージが原因で出来る老人性疣贅は、良性のイボですので治療をしないという選択も出来ます。

ただ、イボが大きくなっり数が増えたりすると「皮膚癌では?」と心配になりますし、何より見た目が気になるという方が多いようです。 皮膚癌かどうかを知る為にも、不安なイボが出来た場合は皮膚科を受診しましょう。 老人性疣贅の治療法には主にレーザー治療・凍結療法・外科的手術と3つの種類があります。

レーザー治療では炭酸ガスレーザーで、イボを蒸発させ除去する施術を行います。 レーザーを照射した部分が、施術後に赤くなるケースはあるものの、傷が残るという事はありません。 凍結療法ではマイナス198度の液体窒素をイボにつけ、凍らせる事で除去します。 外科的手術はメスでイボを取る治療法です。 どの治療を行うかはイボの大きさなどで変わります。

市販薬で顔イボは取れる?




顔イボは気になるものの、市販薬で除去することは可能でしょうか。

まず顔イボができてしまうと、誰しもが困惑するものです。皮膚細胞であることには変わりはありませんので、市販で販売されている医薬品を使用することで、取り去ることはできるのではないかと、考えるのは一般的なことです。ドラッグストアへ行けば、数々の医療薬が販売されていますので、気軽に購入ができる医薬品利用であれば、病院への通院もしなくて済みます。

薬局などにはイボ対策の医薬品が多く販売されていますが、医薬品を使用するにあたり、イボへのアプローチで言えば、ヨクイニンが効果的であると言えるでしょう。市販されている医薬品を利用することで、顔イボを除去していくことは可能ですが、顔からイボを無くす為には、長期戦になるということを心得ておきましょう。

市販薬で取るのは長期間を要することにはなりますが、病院が苦手という人には、ホームケアでアプローチをしていくのがいいでしょう。ただしホームケアは自分ですることになりますので、お薬の説明をよく読んで、正しい使用方法を守る必要があります。素人判断で勝手な理解で使用をすると、イマイチ効果がわからないことになるかもしれませんし、どうせ使うのでしたら使用方法を守って、イボをしっかりとなくすようにしていきましょう。

病院に行けば皮膚科での適切な処置をしてくれますので、病院での処方薬を使うことができます。市販薬では不安が残るようであれば、皮膚科での処方薬を使うという手もあります。皮膚科でお医者さんが判断をして処方をしてくれるのは、飲むタイプの医薬品が主な治療方法です。

皮膚科でこうしたイボなどの除去でほかにも対応があるとすれば、一般に行われることが考えられる処置としては、液体窒素療法などもあります。液体窒素に関しては、お医者さんより治療のメリットとデメリットの説明を受けてからの判断をするべきでしょう。

いずれにしろ病院を利用するつもりがないならば、薬局などで市販薬を調達してきて、根気よく利用をすることで、顔イボを除去することにつなげることです。

顔イボを病院で取り除くという方法




顔にできるイボは、見た目が悪くなるため、悩んでいる女性が多いです。 顔にできるイボには2種類あります。 加齢によってできるイボと、ウイルス感染によりできるイボです。 いぼの原因だと考えられるウイルスは、100種類以上もあります。

30歳を過ぎた女性に多いのが、老人性のイボです。 老人性のイボは、加齢よって皮膚の老化が進むことで発生します。 顔にできる老人性のイボは、悪性ではないため、除去しなくてもいいのです。 しかし、顔イボは見た目が良くないことから、除去したいと考える女性は多いです。 顔にできたイボの治療には、病院やクリニックでのレーザー治療や手術、民間療法など様々な治療方法が存在します。

イボは、ほとんどが良性ですが、稀に悪性のものもあります。 気になるイボがある場合は、病院で医師に診てもらった方が安心です。 イボの除去を病院やクリニックで行う場合、レーザーや液体窒素を使った治療、手術などの方法があります。 液体窒素を使う方法では、液体窒素をイボにあてて、凍結させて除去します。 レーザー治療は医療レーザーを照射して、熱でイボを除去します。

最近は、杏仁オイルも人気があります。 杏仁オイルは、体に良い脂肪酸を含み、老化で乾燥した肌をなめらかにします。 古い時代からイボ取りや肌荒れの改善のために使われてきた生薬が、ヨクイニンです。 ヨクイニンは、新陳代謝を促進させ、皮膚の代謝を活発にします。 また、解毒作用があることから、イボや肌荒れだけでなく、ニキビにも効果を発揮します。 病院のイボ治療でヨクイニンを使う場合は、保険が適用されるので、経済的な負担も少ないです。

液体窒素を使った治療も、健康保険が適用されます。 レーザー療法の場合は、全額自己負担になることが多いです。 顔のイボを除去するために必要な費用は、除去方法によって異なります。 また、同じ治療であっても、クリニックによって料金が異なるので、費用について心配がある場合は、直接クリニックに問い合わせた方がいいです。