イボ関連お役立ち情報

脂漏性角化症(老人性いぼ)の症状と対処方法


いつまでも若々しくありたいと誰しも皆が願っています。しかしながら、歳を取ってくると身体の変化を少しずつ実感じてしまうものですね。身体が思うように動かなくなったり、鏡を見ると白髪を見つけることがあります。特に年齢の変化を感じる部分の一つに肌があります。赤ちゃんの肌は細胞がみずみずしく、はりがあります。


可愛らしさと同時に、肌がすべすべでつい触りたくなりますね。年齢を重ねると顔などにできたしわやシミを見つけて、ついため息をついてしまうこともあります。


脂漏性角化症という名前を聞いたことがあるでしょうか。名前を聞くとなんだか難しそうな病名に聞こえますが、いわゆる老人性いぼと呼ばれる症状です。脂漏性角化症・いわゆる老人性いぼはどのような症状なのでしょうか。


老人性いぼは、名前からも簡単に想像できるように皮膚の老化現象によって起こる症状の一種です。歳を取ってくるとあらわれやすい症状ではありますが、若い人に出来る場合もあります。出来る場所としては顔や体全体、あるいは頭にもできます。紫外線を長期間浴びることによって出来易くなりますので、年齢を重ねれば重ねるほど多くなるのです。特に紫外線を浴びやすい顔、首周り、手の甲などは出来る頻度が高くなります。


出来始めは数ミリと小さいので、あまり気にならないかもしれません。そのままにしておけば、2?程度まで大きくなる場合もあります。肌にできた老人性のシミのようなものが徐々に膨らみ、老人性いぼになる場合もあります。色も肌の色に近いものから黒色まで様々なものがあります。


老人性いぼは皮膚の良性腫瘍の為、そのままにしておいても特に問題はありませんが、大きくなってくると目立ちます。小さい段階で対処しておくことがお勧めです。長期的な予防としては紫外線を出来るだけ浴びないような服装やスキンケアに配慮するのも一つです。


皮膚科に診察に行けば、皮膚がんなどの悪性の病気でないか確認してもらえる為より安心です。小さければ電気を使用したり冷凍療法、レーザー治療も出来ます。大きくなると手術が必要になります。早めに対処したいですね。


関連ページ

イボを除去するために消しゴムを使うという方法がある?
イボ対策を目的としてアロマオイルを使っている人もいるの?
アクロコルドン・スキンタッグの原因や治し方について