顔イボ・首イボについて

首イボは皮膚科で治療することができる?


首イボは皮膚科で治療を受けることができます。首イボは見た目も気になりますが、全てが良性だとは分かりません。悪性の腫瘍の可能性もあるため、皮膚科で一度診て貰って、適切な治療を受けるというのは賢い選択です。見た目の問題だけではありませんので、気になるようなら一度、皮膚科で診てもらいましょう。


皮膚科で治療を受けられますが、全てが保険適用ではありません。保険がきくものもあれば、そうでないものもあります。治療前に説明をよく聞いて、予算の問題もクリアしてから治療を受けるとよいです。


首イボの治療には液体窒素を使って取るという方法があります。マイナス196℃の液体窒素を首イボに押しつけ、液体窒素で焼いてとります。焼いたイボは最終的にはカサブタ状になり、取れてしまいます。保険がきく場合もある治療法です。


保険適用であれば、比較的、安価に治療を済ませることができます。しかし、痛みを感じることがあったり、色素沈着を招いたりする場合もあります。事前にメリットとデメリットを医師から聞き、最終的な判断をしましょう。肌に負担をかけずに治療をするにはレーザー治療が向いています。比較的、跡も残りにくく、再発しにくく、出血も少なく、痛みも感じにくい治療方法です。しかし、費用の負担は大きくなります。


内服薬を処方して貰うという治療方法もあります。体の内側から治療しますので、首イボ以外の吹き出物に関しても効果が期待できます。しかし、効果が現れるまでに時間がかかりますし、なかには効果を実感できない方もいらっしゃいます。すぐに結果を出したい方には向かない治療方法です。


皮膚科での治療方法には選択肢があり、かかる費用も様々です。効果のことやリスクのこと、費用のことなど、気になることを事前によく聞いてから判断するのがおすすめです。


また、首イボといっても、急激に大きくなったり、出血したり、黒や茶など色に変化があったり、痛みや違和感があったり、直径が7mm以上と大きかったりした場合には、悪性の可能性もありますので病院で相談してみるとよいです。


関連ページ

「艶つや習慣」の口コミ評判はどう?首イボ除去に効果があるの?
首の周辺にできた角質粒はピーリングで取り除ける?
顔イボ・首イボは角質の粒が原因となってできる?