顔イボ・首イボについて

首イボの種類と原因についての解説


首イボにはぽつぽつした小さなイボがたくさん出来るものや、皮膚から飛び出している形のイボ、直径5mmを超えるような大きいイボなどの形状が見られ、色も肌色のものから褐色のものまで様々です。首にイボが出来る原因には、まずウイルスに感染したことで出来るイボがあり、尋常性疣贅と呼ばれています。


ウイルス性の首イボが出来る原因となるのはヒトパピローマウイルスの皮膚型で、皮膚に傷がある部分から侵入し表皮基底層の幹細胞に感染するとイボを作ります。ウイルス性の首イボが出来やすい年齢は子供のころですが、大人でもこのタイプの首イボが出来ることがあります。


次に、ウイルス性ではない首イボは茶色で盛り上がった形のものだと老人性イボ(脂漏性角化症)という種類であることが多く、皮膚の老化現象が原因とされていて早い人だと20代前半から出来ることもある症状です。老化現象が原因で出来る首イボには、軟性線維腫という種類もあり、別名スキンタッグとも呼ばれていて、肌色から黒褐色の、大きさは1?2mmほどの出っ張った小さなイボが出る症状となります。


軟性線維腫は首の周りにたくさん出ることもあり、小さくてあまり飛び出していない形状の時はアクロコルドンと呼ばれることもあります。スキンタッグやアクロコルドンは首の皮膚が摩擦や紫外線の照射でダメージを受けて変化することが原因で出来るもので、20歳代から出来ることがありますが、中高年以降に出来やすい症状です。他に首にイボが出来る原因としては、伝染性軟属腫ウイルスに感染して出来る水イボが首に出た場合があります。


水イボは子供が発症することが多い病気で、アトピー性皮膚炎を持っている子供が特によくかかり、プールで感染することが多いとされています。


このように、首イボには様々な種類があり、意外と若い人でも発症することがあるので、治療したい時は皮膚科で相談してみると良いでしょう。皮膚科では首イボに対して液体窒素療法やレーザー治療などの方法を提案してもらえるので、最適と思われる治療を受けて気になるイボを改善していきましょう。


関連ページ

顔イボとニキビの違いについて調べてみた
顔イボ?ホクロ?見分けがつかない時はどうする?
首イボを改善するための化粧品・治療薬がある?